祇園会。

「「云うまいと 思えど きょうの 暑さかな.」  江戸川柳

今年も 炎暑の京文化を愉しむ 附加製品 農業に徹する、
年来の交友 ゆうじん京野菜の山里。

動く美術館 と言われる、祇園会 山鉾巡行、「六根清浄・ろっこん しょうじょう。」

弱小わが身を省みず、自己力量の最善をつくし、
強敵に 立ち向かう、≪蟷螂鉾>の、カマキリが、
今年も一番鉾の誇りを載せて、轍を きしませる。
「汝 本日最善をつくしたりなや」

祭り文化を支える、京町衆のしたたかさは、ハレの行事の中に連綿と先輩から、申し伝えられて一千年。

県議レベルとの係争,材木屋風情の「欺詐術策行為」も、ナ~ント小さい!ちいさい!

「法学部の偽君子に、生兵法は 大傷のもと」
再度の 御忠告。{旅先のつぶやき}。