佐久 地裁便り。

◆『瑕疵』ではない 完成、引渡し前の不具合であり、補修が可能である。
◆『補修工事』をさせなかったのは、施主の責任である。

<第三木材。>の主張、責任転嫁の論法
悪徳 建売業者のよく使う『瑕疵論』に、逃げ込む算段,戦法。

 

◆日本は法治国家であり、主権在民の民主主義の国になり半世紀を経た筈。・・・
◆江戸時代の悪徳材木商が、自分は法に違反しながら、法に護られる為、法の世界に逃げ込む。
◆長野県 立法府の恩給を受け取りながら・空き巣犯が、交番に駆け込むような、オハナシ。
◆法は、クリーン・ハンドの原則のはず「三田法学部」は、原則無視の教育なりや。

 

◆建築基準法・民法違反無視・・・原因を作り、結果は逃げる。
◆責任・義務・権利・勝手に按配する、コレ『利己主義』と言い賎民思想ナリ。

『学問のすすめ』・七編・第一項。
<我 楽しむところのものは、他人もまたこれを楽しむが故に、他人の楽しみを奪い、わが楽しみ増すべからず。他人のもの盗んで我が富と成すべからず>
・・・・原文抜粋。