【論より証拠】の現場検証№7

法治国家の白日夢 県会議員の「有印私文書行使」の実態

●時系列


平成18年9月  4日   ボーリング試験2階建て可能。施主喜ぶ?
 
  15日
 
 
  中沢建築士よりTel
基礎地盤軟弱 建築方法別途検討要 至急打ち合わせ要望。
台風13号 沖縄上陸北上中 各地豪雨の被害 北海道通過確認
 
  19日   敷地北西道路 三角玉石垣崩壊。
 
  20日   10:30上田東急イン面談。中沢建築士打ち合わせ。
 
  21日   ボーリング地盤調査中。現地確認。
 
  27日   地下状況悪く3メートル杭3本止まらず。


●虚偽報告

  1.ボーリング結果報告の食い違い
  ※.誰がウソ! 第三木材? 中沢建築士? ボーリング会社?
    上田第三木材・・・・・2階建て建築可能
中沢建築士・・・・・・基礎地盤軟弱
ボーリング会社・・・・検査結果報告書未提出
2.ボーリング結果報告書が未提出
  ※.再三の催促にもかかわらず、いまだ提出されない理由は何?
    ①.地盤調査支持基盤の報告書
②.許容応力度計算書
③.改良杭工事報告書


●有印私文書行使

   
  ※.原告の与り知らぬところで「建築確認申請」が提出され認可までされていた。
    ①.地盤調査中の最中に
②.設計内容の承認がされていない段階で
③.建築士が購入した三文判を押印して



基礎底盤/基礎杭の破壊検査を実施
近日、調査結果をご報告 乞うご期待!

 

→次へ